読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天国へ行く為に。

天国は死ぬことと見つけたり。

【寄生獣】宇宙人から学ぶ「人間ってなんで生きてんの?」【ユアストレンジャー】

あなたは 自分の価値を確信できていますか?

自分がなんのために生きているのか 即答できますか?

 

 

こんにちは。久しぶりにジャンプNEXTをしっかりと読んでみた死に起きです。

知ってますか?ジャンプNEXT。

そう、週刊少年ジャンプ本誌と間違って買ってきてしまうアレですよ!

 

jumpsokuhou.com

 

気をつけて下さいね!

黒子のバスケが表紙なのはNEXTです!今黒バスは本誌にいませんから!

 

さて、そんなジャンプNEXT.vol5 今回名作が多いように思えました。

中でも僕が好きなのは、「ユアストレンジャー」ですね!

作者は三木有先生です!

 

 

 

あらすじ:宇宙人三人組(カス、マンジ、ミッキィ)は学校で他の星を研究する課題を出され、地球を訪れた。カスはどうしても地球人を研究したいとの事だったが、地球人は評価外であり、レポートを提出しても単位はもらえない。マンジに止められたが、好奇心が勝ってしまいカスは周辺の地球人と接触してみることに。しかし接触したのは・・・

 

f:id:bxbt4097:20151105010136p:plain

 

SFものです。侵略とか偵察とかでなく、「課題の提出」っていうのが可愛らしくていいですね。

実際この三人とてもかわいい性格してるのでニコニコしてしまいます。

一番いかついマンジが一番成績良いっていうのもギャップ萌え。

 

さて、誘惑に耐えられなかったカスが接触した相手は・・・

 

 

なんと幽霊でした。

 

f:id:bxbt4097:20151105012440p:plain

 

幽霊を宇宙船に連れてきてマンジに起こられるカス。

マンジ「なんで連れてくるんだよ!」

カス「地球人の亜種なら評価してくれるんじゃね!?」

 

そんなわけでちょっと仲良くなった四人。

幽霊はカスにこう聞いた。

 

f:id:bxbt4097:20151105011212p:plain

幽霊「一つ聞いてもいい…?どうして地球人のことを研究しても評価してもらえないの?」

カス「・・・・・えーと・・・わかりやすく説明すると?」

マンジ「・・・・・・・・・」

f:id:bxbt4097:20151105011215p:plain

マンジ

「『宇宙の万物には意味がある』っつーのがうちの学長の理念なんだよ。大概の生物はどんな意味があってその生態系を持ってんのか調べりゃわかる。だが・・・

地球人だけは意味がわからなすぎた。

やることなすこと一体何の合理性があんのか検討もつかねえっつうんで 学長始め、名だたる学者連中ですら早々にさじを投げたんだ。

だから評価されないっつーより評価されるような結論が出せない。大概理論的じゃなくなるからな。」

 

ここでタイトルをもう一度見てみます。

「人間ってなんで生きてんの?」

答えは「宇宙人ですらわからない」でした。

 

 

完。

 

 

 

なんて終わるのもなんなのでもう一個行きましょう。

 

今度は「寄生獣」です。

アニメ化、実写映画化が決まってからだいぶ有名になりましたね。僕はずっと前から読んでましたけど!!

 

取り上げるシーンは、田宮良子の妊娠が発覚し、学校を去る所。

シンイチに「なぜ人を殺すんだ」と問われた田宮はこう返します。

 

f:id:bxbt4097:20151105013300j:plain

田宮「蜘蛛は教わりもしないのに巣の張り方を知っている・・・・何故だ?」

新一「な なに!?いきなり・・・」

田宮「私が思うに・・・ハエもクモもただ『命令』に従っているだけなのだ。地球上の生物は全てが何かしらの『命令』を受けているのだと思う・・・・」

新一「一体何言ってんだ・・・?わかる?」

ミギー「・・・・・・・・・・・・・・」

田宮「・・・人間には『命令』が来ていないのか?」

 

 

ミギーは黙ってましたが、反応を見る限りどうやらミギーには田宮の言うことがわかるようです。

つまり、ミギーにも「命令」が来ていた。

田宮の言う「命令」とは、「使命」あるいは「何故生きているのか」と言い換えることが出来るでしょう。

 

そして見てください。最後のコマの田宮の顔。

怪訝。理解できないと言う顔です。

もしかしたら「『命令』も来ていないのに、何故お前らは生きているのだ?」とでも考えているのかもしれません。

 

ミギーや田宮良子は生きることに悩んだり迷ったりしません。

それは宇宙から命令が来ているからです。

 

ミギーは勉強熱心で、新一が眠った後でもずーっと勉強をしていました。

普通の人間なら面倒だと思うことをなぜミギーは出来たのか。

ミギーの人生に明確な目的があったからです。

人類を食いつくすという「生きる意味」に真っ直ぐな生き方をしていました。

 

田宮良子はどうでしょうか。

人類を食いつくすという目的のもと、人間になりすまし、人間を研究していました。

 

どれもこれも、生きる意味が明確であったからこそ行動もついてきたのです。

 

もし彼らパラサイトが何の理由もなく地球にやってきたら、そこに物語など何も起こらなかったでしょう。絶滅したかもしれません。

 

 

 

さて、ここで復習しましょう。

マンジ曰く「人間はやることなすこと不合理」

田宮曰く「人間以外の生き物には命令が来ている」

まとめるとこうなります。

 

「人間は宇宙からの命令がないから、やることなすこと不合理になっている

 

ちょっと無理やり過ぎますかね?

でももし、人間に命令が下っているとしたら、この世に人類全員行動的になると思いませんか?

 

例えをあげましょう。

Steins;Gateというゲームがあります。

主人公の岡部倫太郎は、ある女の子の命を救うため駆けまわります。

大学の勉強も部活もバイトもせず、しかし人生で一番行動的だったでしょう。

何故か。

「女の子を救うという大きな使命」があったからです。

人間は大きな目的を与えられれば与えられるほど、力を振り絞ります。

とどのつまり、宇宙からの命令という大きな目的があれば、人間は行動的になったということです。

 

あなたは何故生きてるんですか?

答えられないのは、使命がないからです。

 

あなたは自分の価値を確信できていますか?

できていないのは、使命がないからです。

 

たぶん田宮良子の言うとおり、人間以外の生き物には命令が下ってるんですよ。

だかみんな迷わない。

自殺する動物はいない。自分の価値を見失っている動物はいない。

みんな人生の目的を知っているからだ。

 

 

「俺は自分の人生に目的を持っているぞ!」

「私だってちゃんと価値はある!」

そうですか。ではそれはなんでしょう?

家族を養うこと?経済を回すこと?社会に貢献すること?自尊心を満たすこと?金を稼ぐこと?幸福になること?思いやりを持つこと?戦争をなくすこと?世界平和をもたらすこと?女にもてること?会社に利益をもたらすこと?長生きすること?成長すること?経験を積むこと?技術を発展させること?子供ながらの夢を叶えること?託された夢を叶えてあげること?

 

 

まあそれらも確かに目的とは言えるのでしょうが…

パラサイトが言っている「宇宙からの命令」に比べたら、些かちっぽけに思えてきませんか?

なんというか、そんなに人生を賭けるまでの目的でもないのに、「ただ目的もなしに生きている」ということを認めたくないがために、そのへんの意味を拾い上げて取り繕っているようにも思えなくないんですよ。

 

ちょっと悪意のある言い方になってしまいましたかね笑

 

 

僕も、就職活動をしていて自己分析やら何やらやって、自分の意味を考えましたが・・・

なんにもしっくりこなかったんですよ。

何?なんのために生きてるの?なんであなたたちそれだけの目的を「自分の人生の意味」として確信できるの?

わからない。わからない。わからない!!!

 

というあなた!大丈夫!宇宙の使命は現実に存在します!

それはもちろん・・・

 

 

 

      宗教です!!!

 

 

 

日本では宗教というとなんか変な目で見られますよね。あれもおかしいけど。

 

もし人生の意味がわからないという方がいたら、宗教調べてみるといいですよ。

 

 

_______________________________________

 

さて、無理やりまとめに入った感はありますが、どうでしょうか。

正直僕は虚無主義なので 人生に意味なんて無い派です。

 

アカギも

「人は…闇のはざまで…束の間………漂う…… その笹船の乗員…か弱い……! 説明不能に…生まれ……時が経てば死んでいく……! それだけ……! 解答などないっ…! 分からない…! 誰にも…!」

 

と言っていますし、

 

めだかボックス球磨川

『人間は無意味に生まれて』『無関係に生きて』『無価値に死ぬに決まってるのにさ』
『だって世界には目標なんてなくて』『人生には目的なん てないんだから』

と言っています。

 

ちなみにこの前寄ったラーメン屋で大将も

「みんな死んだら同じになっちまうんだから適当でいいんだよ適当で」

と言っていたのでもうこれは最適解と言えます。

 

 

しかし・・・・

 

もし・・・もし・・・本当に心の底から使命だと感じられる何かがあったとしたなら・・・・

 

 

f:id:bxbt4097:20151105021831j:plain

 

王のように、死んでいくことも出来るのかもしれません。

僕だってその存在を、信じていないわけじゃあ無いんですよ・・・・

 

 

ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。