読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天国へ行く為に。

天国は死ぬことと見つけたり。

【国とは遊園地である!-前編】国ってなんの為にあるの?

死に起きです。

 昨日、家に国民年金の書類が届きました。

 

あの誠に恥ずかしいのですが…

 

僕、年金というものがどういうものか、全く知りません。

なんとなく国に払うんだろうな、レベルです。

 

23にもなって、いやはや全く。

みんなどこで年金の勉強とかしたのかな。

 

僕は昔から社会が苦手でね…

歴史、地理、政治経済は本当にダメダメだった。

倫理はまだ良かったんだけどな。

 

というわけで、年金のことについて調べてみたわけなのです。

 

 

 

◆年金は老後の自分と家族のためにある

 

まず何のためにあるのか。

 

①老後の自分のため

自分が老いて、働けなくなったときに生きていけるように国に一旦預け、後で返してもらう。

まぁ本当に払った分返してくれんのかよって信用がもうないですよね。

僕も払いたくない。

 

それだったら自分で貯金して管理するほうが安心できますし(それが出来ない人のための制度なのだろうけど)、

もっと大きな理由は、そもそも僕はそこまで長生きする気がないからです。

長くて30代前半、短くて20代前半に死にます。

気持ちとしては明日死んでもいいくらいのつもりで生きているのですが。

 

生きている理由が見当たらないのにそこまで生きながらえても仕方がない。

ああ、こうなると自分が長生きしない理由を書きたくなってくるが、それはまた別の記事にしよう。

 

②家族のため

保険みたいなものでしょうか。

損失が大きくなり過ぎないための処置ってところでしょうね。

僕は結婚する気もないし、子供作ることなんて絶対、なにがあっても避けるべきだと考えているのですが…

ああこれもまた別の記事に。

 

ともかく親はいるのでその為に…って親より先に死ぬ前提だなこれ。合ってるけど。

 

 

 

 

と、この二つがこの制度の存在理由なのですが…本当にいるのか?これ?

正直払いたくない人のほうが多いと思うんですけど。

 

 

 

◆しかし、義務である

 

市民、選択権はありません。金を払え。 

年金って義務だったの、知りませんでした。

 

兎角この世で生きるには金がかかるな…

 

もし支払わなかった場合も調べてみましたが、わかりやすく言えば黒服が家に突撃してくるって感じみたいですね。

カイジかよ。

 

思っているより僕たちは国によって管理されているのですね。

改めて意識するとちょっとおもしろい。

 

 

とは言え、そこまで僕は否定的じゃないんですよ。

 

なぜかって、そりゃ集める側が強者で、支払う側が弱者だから。

僕は銀と金という漫画がだいすきなのですが・・・

f:id:bxbt4097:20160406183714j:plain

 

この後ろのおじさん、平井銀二は主人公にして最高の悪者。

 

第1話では行き詰まった人間たちに金貸しを行っていたが、もちろん立派な金貸しじゃない。

契約書にカラクリがあり、どうあがいても借りた分より多くの返金が必要になる。

 

銀二

「裏金つまもうなんて連中の運命は三つしかねぇんだ。

しぼられるか 奪われるか 殺される!」

 

それを見たもう一人の主人公、森田はこう思う。

 

この人達は____

羊だ・・・処刑場に連れて行かれる羊・・・!

そして罪人のように頭を下げる

その理由は ただ金を持っていないということなのだ・・・

 

どんなに真面目に働いても 金を持たなければ罪人!

 

そう。弱者は絞られて当然なのです。

この世は善がまかり通るわけじゃない。

強者がまかり通る。

 

僕は物事を善悪ではなく強弱で判断します。

なぜなら善悪の基準というものはひどく曖昧で偽善的。

箱を開ければ自己中心で、とどのつまり自分が得をしたいという欲求によって成り立っているのが大半だからです。

 

その点、強弱に曖昧はない。

とてもわかりやすい。

 

しかしどうにもインターネットを見ていると、弱者が善をかざして悪の強者を叩いているのを多く見かけます。

全くもってお門違いだ。

結局弱者は口だけ達者で強者を引きずり落とすことも出来ない。

それは、僕自信が弱者だからこそわかることでもあるのです。

 

人間に善悪はない・・・

f:id:bxbt4097:20160406185506j:plain

 

 

 

閑話休題…話を戻します。

 

 つまり年金は、システムとしては正しくないが、強者が金を集めるために行う制度としてはどうあってもどうにもならないということです。

僕たちは国という強大なもの管理下にある。

 気に入らないなら、クーデターでも起こせばいい。

 

 

 

 ◆国ってなんだ?

 

 さてここらから、本題へと入っていきます。

 

そもそも、国ってなんでしょう?

 

みな漫然と国の庇護下で生きていますが、疑問に思いませんか。

何故国が発生したのか。

 

だって元は摩天楼が連立するこの都会だってただの野原だったはずです。

動物がいたかもしれません。土は柔らかく、石が転がりまくってて歩きづらいことこの上ない。

 

そこに国という境界はなかった。県も市も。

人間はいっぱいいたかもしれないが、しかし何故そこから「国をつくろう」と思ったのか。

 

検索してみたところ、おおなんと、まさに僕の思っている質問が投稿されておりました。

 

oshiete.goo.ne.jp

 

Q.国とはなんでしょうか。

A.国とは、システムです。

 

 

どんなシステムか。

富を公平に国民一人一人に分配するシステムです。

国家の努めとは、格差是正のための統治システムの発展的な保全を継続的に行うことです。

国民の間に格差が生まれないように作られたシステム、それが国です。

 

もし国がなければ、強者のやりたい放題です。

使うし、奪うし、殺すし、犯す。

弱者は生来弱者であることが決定されており、何も出来ずに殺される。

 

それが(出来るだけ)起こらないように、この国が生まれたというわけなのですね。

 

 

 

 

 ◆まとめ

・物事は善悪ではなく強弱で決まる

・国とは、格差を発生させないためのシステムである

 

 

管理下に置かれながら、上のことがわからない。

僕のような弱者は集られて当然なのであります。

 

しかし何も疑問に思わず払う人間こそ、最も集られやすい人間なのかもしれない…

 

 

 

 

 

 

 

え?遊園地がどこにも出てこなかったって?

予想以上に色々なこと書いてしまったので書けませんでした。

後編で書くので少し待ってて下さい。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。