読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天国へ行く為に。

天国は死ぬことと見つけたり。

グループラインがもっと楽に抜けられるようになればいいよね、という話

すごくお久しぶりです死に起きです。

 

5月いっぱい自動車免許合宿に行っていました。

一応マニュアルで撮ったんですけど、めっちゃ難しいですね運転って。

入学4日くらいは運転できる気が全くしなかったです。

国家資格とはいえ、みんな持ってる持ってる言うもんですから、すわ、行ってみれば難しい上にかなり面倒。

 

なんかもっと簡単で楽に取れるものだと思っていた…まぁ今となればいい思い出です。

なんか思うことがあったら合宿中に感じたこととか記事にするのもいいかもね。

 

 

 

さて今回は合宿免許の話ではなく、スマホアプリLINEの話です。

中でも、グループラインの話。

 

 

僕がスマホを購入したのは大学の二年辺だったのでグループラインはほぼ大学のメンツで出来上がっています。

ただの友人関係のグループラインももちろんありますが、やはり不可欠なのは部活研究室のLINEですね。

集団の一員である以上、全体で情報を共有するのは非常に重要な事です。

 

さて、僕は3月で大学を卒業しました。

ここで質問です。

 

あなたは卒業後、部活や研究室のグループラインを抜けますか?

 

 ◆仲間意識の冷め

 

部活や研究室のLINEって、同じ集団の一員であったから必要だったものですよね。

正直に言うと、僕は卒業後までグループラインに入っている意味がわからないんですよ。

 

例えば、まぁこれは僕の研究室のLINEで実際会った話ですが、研究室のメンツで飲もうという連絡が入ったのです。

確かにこういう用途で使うなら意味はありますね。

たださっきも言ったとおり、僕が卒業したのは今年の三月です。

で確か飲み会の日は、5月です。

 

 

早くね???

 

 

ついこないだだよ!最後に会ったの!会いたすぎかよ!

まあ僕は免許合宿が会ったので普通にパスしましたが、多分空いてても行かなかったと思います。

 

とここまで書いて気づきましたが、どうやら僕は同じ境遇でなくなった人に対してあまり興味が無いのではないか?

つまり同じ研究室のメンツは同じ研究室にいたから仲間なのであって、それが解消されれば一気に冷めてしまう。

だから最初飲みの誘いが来た時はびっくりしましたし、当然グループラインは抜けるものだと思っていました。

 

あ、ちなみに冷めると言っても、過去の知り合いに全く興味が無いわけじゃあないんですよ。

ついこの間は高校の友人と飲みましたし、ただ会うのだったらやっぱり数年空いたほうがいいのではと。

 

 

◆グループラインにいることで起こるデメリット

 

「別に誘いに来ないんだったら来ないでいいし、わざわざ抜ける必要もなくない?」

と思われる方もいると思いますが、デメリットは間違いなくあります。

 

それは、無論ストレスです。

 

これは僕だけかそうでないかわかりませんが、アプリに通知が入っていると、気になってしまうことないですか?

 

チラッと数字が左上に表示されているのが見えてしまいますよね。

そうなると「なにがきているんだろうなぁ、誰からかなぁ、でもなんか開くの面倒くさいなぁ」と少しモヤっとした気持ちになります。

もちろん重要な連絡があるかもしれないので常に見るようにはしているのですが、

それが自分とは全く関係がなかった時の疲弊感たるや!!!!

 

LINEって最初に開く時ロゴが表示されて開くまでにちょっと時間かかるでしょ!?

でみた結果「何の話だよ!!」ってなるのがすっごい嫌なんです。

 

結局自分の関係ない話が通知に来ることがあると、開くのが面倒になる。それでもアプリの左上に新着メッセージの数が書かれている。

「開け!メッセージを見ろ!」と言わんばかりの表情でこちらを見てくる。

僕が所持者のはずなのに、まるでこちらが所持されているかのよう。

 

f:id:bxbt4097:20160606234750j:plain

 

 

◆グループから抜ける時には勇気が必要

 

LINEは、ものすごく便利です。人と簡単に連絡が取れるようになりここまで社会に浸透したのは心から賞賛します。

ただし逆に言えば、繋がれすぎです

この前ホンマでっかTVで見たのは、旅行に出かけてもスマホに会社から連絡が入るかもしれないと気になってノイローゼになる人がいるそうです。 

 

気が気じゃなくなるんですよ。

僕自身、そんなに人との関係を深くする気がないので、なおさらノイローゼになりやすいと思います。

 

だから、あまりグループから抜けたからといってあまり深く捉えないで下さい。

僕が抜けた後で何か言われたか、何も言われてないかはわかりませんが、別に嫌いになったとかもう縁切るとかそういうことでもないです。

ただ、あまり必要性を感じなくなったのです。

むしろ害にすらなることもあるかもしれません。

 

ですから抜けたらそのまま放っといて下さい。

飲み会があって連絡するのが面倒ならしなくても結構です。

何年かしたらこちらから連絡することもあるかもしれないので、そんなふうにとっといて下さい。

 

日本は仲間意識が強いから、グループラインって抜ける時ものすごい勇気がいるんだよね。

 何か陰口言われるんじゃないか、とかね笑

 

友達から聞いた話だけど、グループラインでも誰か一人を抜いただけの別のグループラインも存在するって話もありました。

まあその場合だと間違いなく陰口言われているから逆に抜けやすいのかもしれんけど、

 

もっとね…適当になればいい…人間関係なんて…

 

持ってるものが、自分を束縛する。

出典:デイビッド・フィンチャー監督 映画『ファイトクラブ』(1999年作品)

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。