読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天国へ行く為に。

天国は死ぬことと見つけたり。

【雑話】特に考えてないけど書く。

特に何もない。

 

今書いてるこの記事のことだ。

僕は特に何か書こうと思ってはてなブログを開いたわけではない。

ただ、なんかもやつくので手癖で書いてみようと思ったまで。

ついさっきまではコミュニケーション能力についての記事を書いていたが、途中書き方がわからなくなり、気分も乗らなかったので中止した。

思えば最近、「これを終わらせるまで絶対やめない!」と言うような気概を持つことがない。

気分が乗ればやり、気分が乗らなければやらない。

そこには苦痛がなく、達成感もない。

別に僕はこれでいいとは思っているのだけど、なんとなく人間としてダメな気がする。

逃げぐせというか、辞めぐせというか、そういうのがついてしまうだろうか。

 

闘っていない。

闘いたくない。

闘わなきゃダメだろうか。

この先後悔することになるだろうか。

 

どうすればいいかわからなくなったときは、このように文章を書くか、本を読むかのどちらかをすることにしている。

そのときによって、インプットするべきかアウトプットするべきかが違う。

今は恐らくアウトプットの方なのだろう。

 

こういう状態で書く記事はもう支離滅裂で意味のないものとなる。

普段考えながら書いていても滅茶苦茶なところがあるから手癖でかけばそらこうなる。

頭に浮かんでくるものをただ出力するだけのマシンと化している。

 

そして、ここまで書いたら何も出てこなくなってしまった…アウトプットは間違っていたかもしれない。

 

・・・・・・

 

Twitterに書いたことは、自分の事を知る重要な手がかりになると思う。

だから、一応他のブログの方ですべてのツイートを自動で記録してくれるように設定してある。

 

しかし面倒くさがりな僕は、全然見ていない。

いつか読まなければ、と思うのだが、どうにも面倒くさい。

きっと読んでも面白くないものだろうしな…

 

・・・・・・

 

ダメだ。

本当に何も出てこない。

この記事を公開する意味もわからない。

 

またこうやって気分で何かを辞めてしまうのだ。